オランダに欧州事業拠点を置くおもな日本企業リスト

こちら

欧州拠点としてオランダが選ばれる理由 

最適な地理的条件と整備された物流インフラ

● オランダは、その地理的な位置によって、古くから「欧州の表玄関」としての役割を担っています。

● 欧州最大の港、ロッテルダム(Rotterdam) と欧州の主要航空貨物ハブ、スキポール空港(Schiphol) は地理的にも近く、この2 つの組み合わせで、オランダは物流拠点としての利便性で高く評価されています。そのため欧州進出したアジア企業や米国企業の半数以上が、オランダにEDC を置いています。

● 付加価値税(VAT) の扱い、能率的な税関システムによって、物流が円滑に維持されます。熟練した物流オペレーターと緊密な内陸輸送網が、その効率をさらに高めます。

会社設立の第一の選択ポイントとなる税制メリット  

オランダ法人税率は、日本企業にとって最も有利である25% です。(2011年より)

● 高度な技術を持つ外国人従業員には、個人所得税の減免措置( いわゆる30% ルール) が適用されます。

● 持株会社には、有利な資本参加免税制度と租税条約による幅広いネットワークが適用されます。

● 税制面での問題をできる限り明確にし、税減免を約束する、アドバンス・タックス・ルーリングの制度があります。

* 税制メリットの詳細はこちら

イノベーションと研究開発

オランダは、地域開発とイノベーションの進んだ国として知られています。このことは、次のような側面からも明らかです。

● 欧州の上位20大学に、オランダの7大学がランクインしています。

● フィリップス(Philips)社の特許取得件数は、世界最多です。

● 最先端のITインフラを備えており、広範囲のブロードバンドネットワークによるインターネットへの接続性の良さは世界最高水準を誇ります。

● 先進的な研究開発を低コストで行い、多くの技術を実用化する機会も提供しています。また、新エネルギー関連奨励プログラムもあり、多くの場合、プロジェクト段階でその対象となります。これらの奨励策の一つが研究開発支援助成制度(WBSO)で、これによって研究開発企業は、人件費にかかるコストを大幅に削減できます。また、IP収益には、優遇税制があります。

● 政府は、事業目的のための基礎研究を促進するため、オランダ・ポリマー研究所やオランダ金属研究所(Netherlands Institute for Metals Reserach)、テレマティクス研究所(Telematics Institute)、食品栄養学先端研究所(Top Institute for Food and Nutrition)医薬品先端研究所(TI Pharma)など、複数の高度技術研究所を設立しました。こららの研究所は、大学と産業界の専門領域を横断するネットワークで構成されています。

● 研究の現場は、政府と大学と企業、すなわち「官・民・学」がきわめて良好な協力関係を保っていることが特徴です。これにより、特許を効率的かつ効果的に製品化することができます。

ビジネス環境

● オランダは、古くから世界的に最も経済開放の進んだ国として認められています。早くから多くの外国企業が進出していることが、その一因です。

● 卓越した経済インフラとサービス産業を備え、欧州ビジネスの地域本社として、またサポートオフィスの拠点として最適の環境を提供します。

● 情報通信技術(IT) ネットワークの整備による迅速なデータ転送と、効率よく便利なハブ空港を有するオランダは、国際的な事業活動に最適の選択肢です。

高学歴の労働者

● 高等教育を受けた人材が、高い割合を占めています。

● 労働生産性はEU トップレベルです。

● 外国企業の業務スタイルに精通したビジネス環境があります。

● オランダ国民は欧州諸国に比べて実用英語の知識が豊富で、さらに、ドイツ語やフランス語など3~4 ヵ国語を操る人材も珍しくありません。

日本人駐在員にとっての生活環境

オランダは、日本からの駐在者に優れた生活基盤を提供します。

● 400 社以上の日本企業が進出しています。

● 約7,000 人の日本人が在住しており、大半は、アムステルダム地域に居住しています。

● 日本人学校、インターナショナル・スクールがあります。

● アムステルダム、ロッテルダムには、日本製品を揃えたスーパーマーケットや日本食レストランもあり、また日系ホテルもアムステルダムに進出しています。

● アムステルダム近郊には日本語で受診できる医療施設があります。

● 優れた教育や医療サービス、豊かな文化的生活、充実したスポーツライフなど、日本からの駐在者に最高品質の生活を提供します。

● 年金や医療保険など社会保障に関して、駐在者は「日蘭社会保障協定」のもとでオランダ制度が免除され、日本制度のみを継続することができます。企業にとっては、駐在者コストの軽減となります。