2012...

2011...

三菱重工
アルメーレに新社屋落成

 三菱重工業株式会社(本社=東京都港区)の子会社三菱キャタピラー・フォークリフト・ヨーロッパBV(Mitsubishi CaterpillarForklift Europe BV = MCFE)は、かねてから進めていた社屋の新築工事を完了し、5月8日、現地アルメーレ(Almere)市で竣工式を行った。式にはフレボランド(Flevoland)州のフェルベーク(Leen Verbeek)州知事、アルメーレのヨリッツマ(Annemarie Jorritsma-Lebbink)市長はじめ、代理店や取引先を含む来賓多数が出席。桜の記念植樹も行われた。

MCFE は1992年にアムステルダム郊外のアルメーレに進出、500人を雇用してフォークリフトの組立生産を行っている。隣接地には、1989年に進出したターボチャージャーを生産する三菱イクイップメント・ヨーロッパBV(MHI Equipment EuropeBV = MEE)があり、MCFE、MEEの両社あわせて1,200人規模の現地雇用を創出している。

New building MHI Almere

かねてからスペースの拡張を図っていたが、隣接する敷地7,800平米を取得したことから、組立部品の取入れから組立後の車両の出荷までを同一敷地内で完結できる流れを実現するために、面積約5,800平米の4階建て建屋を新築し、効果的な作業所配置換えを行って出荷物流効率の改善を図ったもの。この新社屋は、本社オフィスとしても活用される。

 

http://www.mhi.co.jp/
(2009/06)