2012...

2011...

オラクル
大規模クラウド・セールス・センター、450人増員

オラクル社(Oracle C orporation本社:米カリフォルニア州)は、アムステルダムのクラウド・セールス・センターを拡張し、新たな大規模センターを設立すると発表した。

 オラクル社は、オランダ・ユトレヒト(Utrecht)にすでに長く本社を持つが、さらに多くの雇用と、都市に強いヨーロッパ最大ブランドへのアクセス権を得るなどのため、同社のオランダ事業拡大の一環として、クラウド・セールス拠点を拡大する。

 現在アムステルダムのセンターでは、現在150名の社員が働いているが、大規模な事業拡大に向けて、新たに、アムステルダム郊外の歴史的な街ニュウェファールト(Niewuevaart)にセンターを開設し、新たに450名を雇用する。ニュウェファールトは、17世紀の運河や港湾倉庫が残る歴史的な街で、もともと造船や海運で知られていた。その倉庫が大規模に美しく改装され、最先端の現代ビジネスのオフィスとして新たな国際的な活力を吹き込まれたことでも注目されている。

 2016年1月の同社発表によれば、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)において、新たに1,400人ほどのクラウド・セールスのスぺシャリストを募るための大規模なキャンペーンや、セールス・センターをオランダの中心部に新設することなどに、数十億ドル規模の投資を行うとしている。これにより、クラウド・コンピューティング・サービスの中でも最も優秀なポートフォリオの開発を可能にできる、としている。

 オラクル社は現在、600以上のクラウドアプリケーションを世界に提供しているが、この新しいクラウド・セールス・センターが、同社の広汎なクラウド事業の拡大にとって重要な役割を果たすとしている。

(2016/9)
Source : Oracle www.oracle.com
NFIA US: http://investinholland.com/