2012

2011...

2012出島賞 CSMジャパンとディック・ブルーナ・ジャパンが受賞

出島賞(Deshima A ward)は、在日オランダ商工会議所、オランダ経済省企業誘致局、蘭日貿易連盟(DUJAT=Dutch Japanese Trade Federation)が定めた賞で、オランダ大使館の協力で、貿易経済活動で顕著な企業を、日本に進出したオランダ企業を対象とする「出島日本賞」と、オランダに進出した日本企業を対象とする「出島オランダ賞」を1年交代で選出するもの。出島日本賞は「大手企業部門」と「中小企業部門」の2部門から、出島オランダ賞は「永年進出部門」と「新規進出部門」の2部門からなる。

去る10月11日、東京・青山で「2012出島日本賞」の授賞式が行われ、「大手企業部門」はベーカリー原料・発酵乳酸関連製品の「CSMジャパン」が、「中小企業部門」は「ミッフィー」のデザイナーとして知られる、ディック・ブルーナ(Dick Bruna)のライセンシング・エージェント「ディック・ブルーナ・ジャパン」が、それぞれ受賞した。IMF世界銀行年次総会で訪日中のヤンケース・デヤーヘル(Jan Kees De Jager)オランダ財務大臣から授与された。

「大手企業部門」のCSMジャパンは、1998年東京に進出。乳酸およびその誘導体の日本市場シェア約50%を占める。昨年の大震災で乳酸の供給が寸断された際、顧客だけでなく競合他社とも密な連携を取った。この協力的で誠実な態度が厳しい市場での評判を高め、受賞の決め手のひとつとなった。 

「中小企業部門」のディック・ブルーナ・ジャパンは、日本中で知られ130以上のライセンス契約を締結しているミッフィーの日本拠点。子供たちに愛されているミッフィーを、子供病院など公共民間施設に使用許諾したり、震災被害の岩手県山田町のスクールバスに使用するミッフィーとロゴを寄贈するなど、CSR活動も評価された。

(右から)ファンフォレンホーヴェン大使、ディック・ブルーナ・ジャパン鐵田社長、デヤーヘル財務大臣、CSMジャパン中村社長、NCCJファン・デル・タング会頭、TEPIA福川顧問©NCCJ

(2012/10)
http://www.nccj.jp/