2012...

2011

富士フイルム:2012年1月より、オランダで新・生産ライン稼働

12月8日 新・生産ラインのためのオープニング記念式典がオランダ、ティルブルグ市で行われた。富士フイルム小森社長とウィレム・アレクサンダー皇太子が、”文字通り“ 緑色の土に足跡(グリーン・フットプリント)をつけ、持続可能性とイノベーションという新・生産ラインのテーマをさらに印象づけた。

 

オランダ、ティルブルグ市に新設された生産ラインは、オフセット印刷用刷版材料「CTP版」の需要拡大に対応するため、最新鋭技術と省エネ設備を導入したもの。

同社は1982年、オランダ南西部ノールトブラバント(Noord-Brabant)州ティルブルグ市に生産拠点を設立。長年に亘ってオランダを拠点として欧州全体に渡る幅広い経済活動を行い、地域に密着して環境保全など進めてきた。また、大学など公的機関と提携して教育、R&Dを推進。欧州市場全域のための物流、ファイナンス、調達統括機能もオランダに置いている。

 

新・生産ラインに関するプレスリリース>
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0588.html

出所:富士フイルム
http://fujifilm.jp/
(2011/12)

関連記事: 富士フイルム・オランダ工場拡張・新CTPプレート生産ラインを増設 (2011/01)