ロッテルダム港 ― 扱い量回復に伸び

ロッテルダム港の取扱量が大幅に増加した。2010年の第1四半期には、前年同期比14%増の、1億700万トンが取り扱われた。鉄鉱石およびスクラップ(+77%)、その他のドライバルク(+32%)、鉱油製品(+30%)、コンテナ(+21%)、その他の液体バルク(+7%)、ロールオン・ロールオフ(+8%)など、ほとんどの取引品目で増加がみられた。アグリバルク(-32%)、石炭(-17%)については減少、また、その他一般貨物と原油に関しては実質横ばいとなった。

詳細は下記リンクををご覧ください。(英文のみ)
http://www.portofrotterdam.com/en/news/pressreleases/2010/20100415_03.jsp

 

出所: ロッテルダム港湾局 Port of Rotterdam
http://www.portofrotterdam.com/
(2010/05)