アムステルダム港とロッテルダム港の
共通港湾管理システムスタート

アムステルダム港とロッテルダム港の共通港湾管理システム「ポートベース(Portbase)」が先ごろ公式にスタートした。両港の利用企業および関連機関にとって、情報交換がさらに簡単に効率よく行えることになり利便性が向上する。

ポートベースは新たに設立された非営利機関が運営を行う。中立性を保ちながら信頼に足る両港の物流情報の中枢システムとして、近い将来にはオランダ全国共通港湾管理システムとして機能する予定だ。

さらに国内すべての港湾および空港の基幹システムとして、空と海の異なる物流ネットワークをつなぐ中枢の役割を担うことを目指す。

ポートベースはロッテルダム港のポート・インフォリンク(Port Infolik)とアムステルダムのポートネット(PortNET)が合併して設立された。それぞれの所有者であるロッテルダム港湾局とアムステルダム港湾局が2008年10月に双方の港湾管理システムの統合を決めたもの。港湾局にとっても、利用者である企業や税関にとっても、両港の強みがさらに拡大され、大幅なコスト削減を図ることができる。ポートベースはロッテルダム港湾局が75%、残りの25%をアムステルダム港湾局が出資した。

出所:ポートアムステルダムニュースレターRePort#10
http://www.ptamsterdam.nl
(2009/05)