GameOn(ゲームオン)
オランダのエンターテイメントゲーム業界の官民イニシアティブ

 

オランダ、マルク・ルッテ首相「ビジネスチャンスがすぐそこに」

 

2014年2月11日 – オランダ、アムステルダム:

アムステルダムで開催中のカジュアルゲーム業界の欧州イベント、「Casual Connect(カジュアルコネクト)」で2月11日、オランダで新しく設立されたゲーム産業分野の投資ファンド「GameOn(ゲームオン)が発表された。このファンドは、オランダの、またオランダに設立したい世界各国のゲーム・エコシステム分野のスタートアップ企業の差別化されたIPやビジネスモデルに対して投資することにより、オランダの急速に成長するゲーム業界の牽引役となることを目指す。このファンドは、ゲーム業界に50年超の経験を持つゲーム企業と金融会社のグループが運営管理する。

GameOn の設立パートナーであるライナウトラ・テ・ブラーケ(Reinout te Brake)は語る。「ゲーム業界は、移ろいやすい消費者の心をつかむために、コンテンツとビジネスモデルとをうまく組み合わせながらゲーム会社やインフラのプロバイダーと共に急速に進化している。ゲーム業界は高度に民主化されており、現在の流通モデルとゲーム開発ツールは、開発者にとって比較的容易でかつ安価にゲーム事業が始められるようになっている。しかし、『無料プレイ』が基本的なビジネスモデルとなるにつれて、開発者はまた、どうしたら最初に自分たちのゲームに注目させ、収益を上げることができるかをしっかりと理解することが必要になる。オランダには多くの才能とクリエイティブなデザイナーの多大な集積があるが、彼らの多くは雇用されて賃金制で働いているため、ゲーム業界の知識の収益化について知らなければならない。我々の目的は、収益化とマーケティングの知識を、資金の機会とクリエイティブな才能と統合し、オランダの重要産業であるケーム業界を爆発的に成長させることである。」同氏は、最近、大手ゲームマーケティング企業のひとつであるiQUを設立した企業家であり、現在、ゲーム業界のコンサルタントでシード投資会社であるGWCインベストメンツのマネージング・パートナーでもある。

 

 オランダ政府の支援

ゲームはオランダのトップ・セクターのひとつである「クリエイティブ産業」として重要な役割を果たすものであるため、オランダ政府がこのイニシアティブを、支援している。「エンターテイメントゲームは重要なビジネスであり、多くのビジネスチャンスがあります。ですから、私は、創造と革新のパイオニアとしての我が国のポジションを再確認するGameOnイニシアティブを支援することをうれしく思います」と、オランダのマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相は述べている。

また、オランダ経済省企業誘致局(NFIA)もGameOnを支援する。外国のゲームエンターテイメント企業をオランダに誘致するために、GameOnと共同で取り組む。外国のICT企業のオランダへの誘致を目的とした「欧州デジタル・ゲートウェイ」プロジェクトにも完全に合致している。

 CLICKNLのディレクター、ヴァレリー・フリッセン(Valerie Frissen)氏は、熱心に「GameOnのイニシアティブを支持している。CLICKNLは、研究や知識の世界をクリエイティブ産業と結びつけるネットワークです。ゲームは、官と民のパートナーシップが多様に活躍できる、最も活発な産業分野のひとつです。多くの素晴らしいプロジェクトが現に進行中ですし、まだまだ多くのプロジェクトがパイプラインで待機中です。ゲーム業界の成長は非常に期待されており、有望なイノベーションを拡大していくことがCLICKNLの優先事項です。その点で私は、GameOnとのこれからの協力に期待し、全力でこのイニシアティブを支持します」と語っている。

 アムステルダム市エコノミックカウンシルのカロリン・ヘーレルス(Carolien Gehrels)氏は、次のように述べている。「アムステルダム首都圏には、オランダの内外あわせて100社を超えるゲーム会社が設立されています。これらの企業はおもに、オンライン・エンターティンメント・ゲームと応用(シリアス)ゲームを開発しています。アムステルダム首都圏は国際的で才能ある人材を惹き付けるホットスポットであり、試作品やゲームの新しいコンセプトを開発する実験場でもあります。特にゲームを対象とする特別プログラムもあり、こういった努力によってさらに大きなビジネス機会が生じると思っています。アムステルダム首都圏で成功したゲームは、さらに国際的な成長機会に恵まれることになります。GameOnと共に、アムステルダム首都圏は、プレイフィールドのレベルを上げ、地域プレーヤーとしてヨーロッパ・ポジションを強化できると思っています」。

 また、ロッテルダム市副市長のコリー・ラウェス(Korrie Louwes)氏は、「ロッテルダムの教育機関は、職業教育から(応用)科学や芸術まで、ゲーム産業の特定ニーズを満たす授業や研究を行っています。このような教育機関とGameOnが協働し、才能あふれるビジネス系、デザインや技術系の学生・卒業生たちが、革新的なゲーム企業や投資家と協力してチームで取り組む機会があるのです」と語っている。

 ハールレム市の理事会経済理事会メンバーのヤン・ニューウェンブルグ(Jan Nieuwenburg)氏によれば、「GameOnは、オランダに非常に興味深いゲーム・ビジネスを根付かせる可能性にあふれたプログラムでもあります。アムステルダム首都圏地域のなかでもクリエイティブな中心地であるハールレム市は、GameOnに大変熱心であり、成功させるためにできる限りの支援をしたいと考えています」という。

 政府というパートナーに加えて、GameOnは、会計、法律、教育、IT、PR、流通、施設、住宅、分析、ビジネス戦略といった各分野のパートナーとも協力している。プライスウオ−ターハウスクーパース(PwC)のパートナーであるイリヤ・リネメイヤー(Ilja Linnemeijer)氏は、次のように述べている。「GameOnは、エンターテイメントゲーム業界、そのビジネスモデルと急速な発展、ユニークなスキルを資産とする強い産業の構築を目指す異なる利害関係者間の溝、これらを理解している投資家達による資本資金へのアクセスを提供することによって、更なる成長への障害を取り除くという長年の課題に取り組んでいるのです」。

GameOnは、今四半期のベンチャーキャピタルとして€1,000万を最初の融資合計枠とする「オランダ・ゲーム・ファンドI」(Dutch Game Fund I)を発表している。GameOnは、その約50%をオランダの公共団体から募るとしており、残りは個人投資家からとしている。以降の資金調達は次年度に予定されている。

GameOnについて:

GameOnは、オランダのオンラインおよびモバイルゲーム業界の成長を加速させることを目的とする初期段階の投資プログラムである。創設者は、ゲーム業界で50年超の経験と実績があり、かつ情熱のある企業家のグループである。GameOnとオランダが提供するメリットと優位性を活用したいと希望する者で、最もエキサイティングで革新的なゲーム分野のスタートアップ企業を発掘、支援し、投資するもの。

 

(2014/2)
source: NFIA

www.gameonfund.nl