シェンゲン地域内の許可なし短期滞在者向け新ルール

2013年10月18日より、オランダを含むシェンゲン協定加盟地域(26カ国)に居住許可や滞在許可なく滞在できる短期滞在日数の計算方法が変更されました。欧州に頻繁に出張される方、または短期滞在される方は充分ご注意ください。

滞在許可なしに地域内に滞在することができる日数は、従来は「シェンゲン地域に初めて入国した日から180日以内に最大90日」でしたが、新規則では「あらゆる180日の間に最大90日であること(90 days within any given 180 day period)」となりました。国により解釈に違いがみられたものが統一され厳格に運用されます。どの時点においてもその時点の過去180日間の滞在日数が問われることになります。

90日を超過した場合は不法滞在者として1年または2年のシェンゲン域内への入国禁止措置がとられます。

EUのサイトに滞在可能日数を自動計算できる機能があります。下記EUサイトの文中(Harmonising rules and proceduresの3パラグラフ目)にある ”Short-stay calculator” をクリックしてください。

 

参照:
EUサイト(英文):
http://ec.europa.eu/dgs/home-affairs/what-we-do/policies/borders-and-visas/border-crossing/

日本外務省サイト(日本語):
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html 

 

シェンゲン地域 (2013年7月1日現在):

(2014/1)

source: European Commission