「エクスパット・センター」スタート
外国人駐在者のための、初の「ワン・ストップ・ショップ」

6月17日、コーヘン(Cohen)、ファン・ザーネン(Van Zanen)の2市長によって開所式が行われ、「エクスパット・センター(Expatcenter)」がオープンした。

外国人駐在者が集中するアムステルダム、アムステルフェーンの両市に居住許可と住民登録をする外国人駐在者は、このセンターに一度だけ出向けば用が足りる。

この日、この試みによる第一号の居住許可証が、法務省副大臣アルバイラック(Albayrak)氏から交付され、センターの運用が開始された。オランダ移民局、アムステルフェーン市との緊密な連携により、アムステルダム市が主導して運用する。このようなワン・ストップ・ショップの導入は、アムステルダム地域に住んで働く人々にとって、新たなビジネス環境ともいえるほど、利便性と魅力をさらに高めるものだろう。

出所: I amsterdam
http://www.iamsterdam.com/en/business/why-amsterdam/workforce/expatcenter

(2008/6)