アムステルダムExpatセンターで30%ルーリングの申請が可能に

去る4月から、アムステルダム・エクスパット・センターにおいて30%ルーリングの手続きが行えるようになった。毎週水曜日に税務署職員が同センターに出張窓口を設け、30%ルーリングの申請受付けや審査業務などを行い、質問にも答えている。

アムステルダム地域の国際企業約15社を対象とした試行期間を経て、4月5日からは同センターの対象地域に立地し、入国管理局(IND)から外国人知的労働者受け入れ企業として承認を受けているすべての企業を対象に本格運用となったもの。

このサービスを利用するには所定の申請書を使用し、雇用主と従業員の双方により記入する必要がある。記入したあと、必要な添付書類と一緒にExpatセンターに郵送する(30%ルーリング申請書在中と明記のこと)。

アムステルダム・エクスパットセンターとは:

アムステルダム市とアムステルフェーン市が共同でアムステルダム・ワールドトレードセンター内に設立した外国人赴任者のためのワンストップサービスセンター。アムステルダム地域に立地する企業向けに、知的労働者としての居住許可の申請や受領、住民登録などの支援サービスを行っている。

NFIAニュース過去関連記事:

 

 

エクスパットセンター英文WEBサイト
http://www.iamsterdam.com/en/living/expatcenter

出所:I amsterdam 
http://www.iamsterdam.com/en/living/expatcenter/the-30-ruling-expatcenter

(2011/5)